• JR・市営地下鉄 関内駅より 徒歩2分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-916-767

受付時間:9:00~20:00 土日祝も対応可(要予約)

法務局で相続を相談するデメリット

法務局での登記相談

親や配偶者など親族が亡くなり不動産を持っている場合には、不動産の名義変更(相続登記)が必要となります。

昔は、このような場合は司法書士に全てお願いすることがほとんどでした。

しかし最近、法務局で登記相談をされる方が増えてきています。

最近はインターネットや書籍で様々な情報を所得しやすくなっていることもあり、また少しでも費用を抑えたいという理由から、司法書士に依頼しないで法務局に相談しながらご自身で登記申請する方が増えてきているようです。

確かに苦労はしますがご自身でも相続の登記をすることは可能です。

しかし一般の方が行おうとした場合には、相応の勉強や専門的な知識が必要になりますし、いろんな役所に何度も行ったり来たりすることは覚悟しなければなりません。

また、次のようなデメリットがあり、多大な時間と手間がかかります。

◆ 戸籍の収集・相続人確定作業がスムーズにいかない

相続登記をするためには、その前提として相続人を確定する必要があります。

相続人を確定するためには、まず、被相続人(亡くなった人)が生まれてから亡くなるまでの戸籍を取り寄せて相続人が誰であるかを確定した上で、各相続人の戸籍も取り寄せなければなりません。

ここで、戸籍の収集や相続人確定に、大変な労力がかかってしまうことがあります。

また、相続人ご自身で取り寄せた場合、相続人の確定にヌケモレが発生し、遺産分割の際などに影響が出る場合があります。

◆ 相続人の確定が困難なことがある

想定していた相続人以外の相続人が出てきて、作業が難航してしまうことがあります。 たとえば、初婚だと思っていた被相続人が実は再婚で、前の配偶者との間に子がいたということになれば、その子も相続人になります。

この場合には、その子の戸籍も追っていかなければなりません。

また、被相続人の兄弟姉妹が相続人になるケースでは、被相続人の父親が結婚前に別の女性との間に子どもを設けていたなど、被相続人自身も知らなかった兄弟姉妹が出てくることもあります。

このような場合に備えて、被相続人の親の結婚前の戸籍まで調べなければなりません。 相続人の確定作業には専門的な知識も必要です。

古い戸籍までたどっていくことになると、読み取るだけでも大変ですから、慣れていなければ難しいこともあります。

◆ 遺産分割協議の際に問題が生じることがある

相続登記の前提として遺産分割協議が必要になる場合必ず相続人全員で遺産分割協議をしなければなりません。

遺産分割の際には以下のような問題が起こることが多く、この場合には専門家に相談しなければ手続きが難しくなってしまいます。

① 相続人の中に連絡先がわからない人がいる

相続人の中に、疎遠になっていて何年も連絡が途絶えている人がいることはよくあると思います。

全く面識がない相続人がいるケースも珍しくありません。遺産分割協議を行うために連絡をとろうにも、連絡をとる方法がわからないということもあります。

② 遺産分割協議に参加できない相続人がいる

相続人の中に未成年者とその親権者がいる場合には、家庭裁判所に申し立て、未成年者のために特別代理人を選任してもらわなければなりません。

また、相続人の中に認知症で判断能力を欠いている人がいれば、成年後見人を選任する必要もあります。もし相続人の中に行方不明者がいれば、不在者財産管理人を選任する必要が出てきます。

※ 遺産分割協議がまとまらなければ調停や審判もあり得る

遺産分割協議がまとまらない場合には、家庭裁判所に遺産分割の調停や審判を申し立てなければなりません。

そうなると、自分で裁判所に出向かなければならないといった手間も発生してしまいます。

◆ 先代の相続登記がされていない

自分の父親が亡くなったので相続登記をしようと思ったら、その不動産の名義が祖父のままになっていたなど、前の代の相続登記がなされていないことがあります。

この場合には、祖父の代の相続人を確認するところから始めなければ相続登記ができませんから、簡単に手続きができません。

◆ 不動産に他人の権利が付いている

相続の目的となる不動産に、抵当権や地上権、賃借権などの他人の権利が付いていれば、単に相続登記をすれば良いだけの問題ではないことがあります。

せっかく不動産を相続しても、その不動産に他人の権利が付いていれば簡単に売却することもできませんし、不動産を担保に銀行からお金を借りるのも難しくなってしまいます。 このような場合には、相続手続きをする際に、他人の権利を抹消するなどの手続きを同時に行っておいた方が安心です。

そのまま登記手続きを進めてしまえば、後で不都合が生じることがありますから、事前に専門家に相談するのが安心です。

◆ 登記申請書の作成には専門的な知識が必要

登記申請の際には、法律に定められたルールに則って登記申請書を作成し、必要書類を添付して法務局に提出しなければなりません。

専門的な知識がなければ、登記申請書の作成が困難なことがあります。

たとえば、相続登記の際の添付書類は、どんなケースでも同じというわけではありません。法定相続分どおりに相続した場合、遺言書がある場合、遺産分割協議書によって相続した場合など、それぞれのパターンで添付書類は変わってきます。

登記申請に慣れていなければ、きちんと揃えたつもりでも、必要書類が漏れていることがあります。そうなると、すんなり相続登記ができず、手続きが遅れてしまう可能性があります。

◆ 自分で法務局に何度も出向かなければならない

法務局の窓口は平日の昼間しかやっていませんから、仕事をしている人はなかなか出向く時間がとれないことがあります。

しかも、戸籍の収集もひとつひとつ聞きながら進めることとなり、進んでまた躓き相談に訪れてと、想像以上に手間がかかってしまうこともあります。また、現在の相談窓口は予約制になっているので、何度も行こうと思ってもスケジュールが合わないといったことも多分に考えられます。

そして、それらをすべてこなして、なんとか登記申請窓口に持ち込んでも、もし書類に不備があれば再度法務局に出向かなければならなくなってしまいます。
郵送での申請もできますが、必要書類が漏れていたり、補正が必要になったりすることもありますから、なかなかスムーズにいかないことがあります。
上記のように、相続登記を個人でやると、手間や時間ばかりがかかってしまい、うまくいかないことがあります。

相続登記を司法書士に依頼すれば、戸籍謄本など必要書類の収集から遺産分割協議書の作成まで全て任せることができます。

専門家が入ることで、煩わしい手続きをしなくてすむだけでなく、安心かつスピーディーに相続手続きを完了させることができます。

まとめ ~法律専門家の存在意義~

法務局も昔に比べてかなり親切になりましたから、事細かく教えてくれます。

しかし、法務局の相談員はとても丁寧ですが、手続きのことしか教えてくれません。法務局は法律家とは違います。

法務局は、手続きや必要書類の説明をすることは問題ありませんが、例えば「誰が相続することになるからこのように分けたらよいのでは」などは提案できません。あくまで登記に関する手続きの説明しかできないのです。

自分で相続登記の準備をしてみることはもちろん意義のあることですが、将来のことを考えずに手続きを行ってしまうと、あとで「こんなはずはなかった」と後悔することもあります。実際に手続きが終わった後にご相談に来られて、こんなはずではなかったのだけどどうしたらよいか、と言われることもございます。取り返すがつくものもあるものの、そうでないものもあります。遺言を書かないで相続になったときに「遺言さえあれば」と言っているのと同じです。

また、複雑な相続登記を自分で済ませようとすると途中で投げ出すことや思わぬトラブルにもなってしまい、結局は時間と費用を無駄にしてしまう可能性があります。

大切な時間とお金を無駄にしないためにも、相続登記は専門家である司法書士にお任せください。

 

横浜の方からよくご相談いただくサービスメニュー

相続登記サポートバナー 相続手続丸ごとサポートバナー 相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

横浜にお住まいの方の相続・遺言の無料相談実施中!

横浜で相続・遺言に関わるご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所の司法書士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずは無料相談をご利用ください。

予約受付専用ダイヤルは0120-916-767になります。お気軽にご相談ください。

ご相談から解決までの流れについて詳しくはこちら>>

当事務所が選ばれる理由

① 安心の無料相談!

② 累計1,000件以上の相続の相談実績!

③ JR京浜東北線・横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅から徒歩2分の好立地!

④ お客様満足度95%の信頼と実績!

⑤ 相続に専門特化している!

⑥ 万全の連携体制でスピーディーに対応!

⑦ 不安を解消する明瞭な料金体系!

⑧ 事前ご予約で土・日・祝日・夜間の相談も対応可能、また出張相談も対応可能です!

⑨横浜市を中心に神奈川県全域のご相談に対応!

⑩ お客様のプライバシーを厳守します!

⑪ こまめな報告・連絡・相談を徹底しております!

⑫ 顧客満足度向上のため、アンケートの実施をしております!

よくご相談いただくプラン(詳細はボタンをクリック)

主な相続手続きのサポート料金

相続登記サポートバナー 相続手続丸ごとサポートバナー

その他の手続きのサポート料金

相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

横浜での相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご相談いただくサービスメニュー

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート

詳しい事務所情報は下記をご覧ください!

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • 相続手続き・…

  • 相続登記のご…

    私は体に不自由がありましたので、自分で相続問題を解決できませんでしたので、司法書士丹茂孝さんにお願いできたこと。ありがとうございました。不安が全て解消されました。

  • 遺言のご依頼…

    専門家の方に相談するのはとても不安でしたが、非常に親切に対応して下さったスタッフの皆様、そして丹先生、本当にありがとうございました。

  • 遺産承継のご…

    平日に動ける時間と体力がない場合、おまかせした方が絶対にいいです。お世話になりました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP