• JR・市営地下鉄 関内駅より 徒歩2分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-916-767

受付時間:9:00~20:00 土日祝も対応可(要予約)

相続不動産の評価方法

相続税に最も大きな影響を与える財産の一つが不動産です。

相続税における不動産の評価は国税庁により以下のとおりとされています。

不動産のうち建物については、市区町村で個々に評価してある固定資産税評価額をベースにするだけなので、難しくはありません。

一方不動産のうち土地については、財産価値が高ければ高いほど、相続税の負担も大きくなるため、土地の財産価値をどう評価するかはとても大きな問題です。

土地の評価額は、原則として路線価と土地面積から算出します。

路線価とは、市街地の道路ごとに付いている「路線に面する敷地の標準的な評価額(1㎡)」のことです。

路線価を調べて土地の面積をかけ合わせれば、土地の大まかな評価額を算出できます。

そもそも路線価のない地域もありますので、その場合は、“固定資産税評価額”に一定の倍率をかけた単価を用います。

しかし実際の土地の評価は、土地の形・大きさ、道路方位など様々な要素により異なるのが実情です。

相続不動産の評価における問題点

意外と知られていないのですが、すべての税理士が相続税申告を行うわけではありません。

相続税は以前は非常に発生確率の低いものでした。相続税の基礎控除を下回る場合、申告の必要性すらないので、わざわざ煩雑な手続きである相続税手続きをごく稀にある申告に備えて行う税理士は少数派なのです。そのような税理士の場合は土地の評価を適正に行うことができない場合があるのです。

上にあるように、たとえば、土地の財産評価は路線価上は単に平米単価×面積の掛け算ですが、同じ面積でも一方は正方形、一方は旗竿地であるように、形状が異なれば本来の財産評価は当然異なります。税理士によっては土地の形状に応じた補正を行わないかもしれません。

そのことによって、本来相続人が払わなくてもよい相続税を払わされたということがあります。後に発覚して税理士相手の訴訟になるケースもあります。このような場合、税務署に払い過ぎた分を取り戻すためにあらためて修正申告をする必要も出てきます。

このように後で分かれば還付される可能性はありますが、非常に労力や時間もかかります。分からないでそのまま還付できない場合もあるかもしれません。

当事務所では、相続税に詳しい税理士や、相続不動産の評価に長けた不動産鑑定士と連携して業務に取り組んでおります。

そのため、ご相談いただければ土地の評価を見直せる可能性もありますので、お一人で悩みを抱え込まずに、お気軽にご相談ください。

よくご相談いただくプラン(詳細はボタンをクリック)

主な相続手続きのサポート料金

相続登記サポートバナー 相続手続丸ごとサポートバナー

その他の手続きのサポート料金

相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

横浜での相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご相談いただくサービスメニュー

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート

詳しい事務所情報は下記をご覧ください!

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • 相続手続き・…

  • 相続手続き・…

  • 相続登記のご…

    私は体に不自由がありましたので、自分で相続問題を解決できませんでしたので、司法書士丹茂孝さんにお願いできたこと。ありがとうございました。不安が全て解消されました。

  • 遺言のご依頼…

    専門家の方に相談するのはとても不安でしたが、非常に親切に対応して下さったスタッフの皆様、そして丹先生、本当にありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP